睡眠時無呼吸症候群 体験談 CPAPの費用・効果について

睡眠時無呼吸症候群
この記事は約10分で読めます。

睡眠時無呼吸症候群 体験談 CPAPの費用・効果について

私は、重度の睡眠時無呼吸症候群で、寝るときはCPAPを装着しています。そんな私が、睡眠時無呼吸症候群と判定されてからCPAP導入までの流れや、CPAPを使うときの注意点、経過報告(月一回更新します)をしていきます。寝ても頭がいたい、眠いなどの症状がある方、パートナーからいびきがすごいといわれる方は是非参考にしてください。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患。

治療方法

  • 生活習慣の改善
  • 軽度の場合はマウスピースなどの装着
  • 重度の場合はCPAP装置の装着

治療しない場合のリスク

  • 不整脈
  • 心不全
  • 心臓発作
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 脳梗塞
  • 睡眠不足による事故

睡眠時無呼吸症候群の症状

  • 頭痛
  • 眠気(重度の場合、話している間に寝てしまうこともある)
  • 抑うつ
  • 集中力が散漫になる
  • 夜間の頻尿
  • 起床時の頭痛
  • インポテンツ

睡眠時無呼吸症候群かどうかの検査

症状について診断される

私の場合、症状についての記入および医師の診察を行いました。十年ぐらい、寝起きの頭の痛さや、日中の眠気があったこと、いびきをすごくかくことを説明したところ、睡眠時どれぐらい無呼吸が発生しているかを調べることになりました。

睡眠時の無呼吸状況を調べる

私の場合、自宅で機材を使って、睡眠時の無呼吸状況を調べることになりました。どういったものかというと、血中酸素濃度系のようなものを人差し指にはめて、あとは細いホースのようなものを鼻にあて、血中酸素濃度系のようなもののスイッチをONして寝るという方法でした。費用は、5,000円ぐらいだったと記憶しています。慣れないものを付けて寝るので、寝ずらかったことを覚えております。※私の知り合いは大きな病院で一泊して調べたそうです

私のCPAP導入までの流れ

重度の無呼吸とわかったのですぐにCPAP治療開始

睡眠時の無呼吸状況を分析された結果、1時間に平均47回も呼吸が止まっており、重度と判定され、すぐにCPAPの業者を紹介されました。ちなみに、一時間当たり、10秒以上呼吸が止まることが5回あると睡眠時無呼吸症候群であり、15回までなら軽度、30回までは中程度、40回以上が重症とされている。

一週間後にCPAPの業者がCPAPを届けてくれる

医師にCPAP開始と言われ、待合室に戻るとCPAP業者の方がおり、後ほどCPAPを届けるという話となる。難しい手続きはないです。一週間後に業者さんが家に訪問し、CPAPの機械を届けてくれて、使い方の説明もしていただきました。

月一回通院する

CPAPを開始すると、月に一回通院が必要となります。

CPAPにはSIMカードが埋め込まれており、夜間の呼吸状況データが病院に送られるようになっています。月一回の通院の際に、その結果をもらうことができます。また、CPAPの一か月のレンタル料も併せて支払うことになります。

CPAPの費用について

CPAPにかかる費用は、月一回通院し、呼吸データの結果を聞く+CPAP費用を払うことになるのですが、約5,000円となります。

CPAPが私にもたらした効果

いびきが無くなる

いびきは本当になくなりました。どう確認したかというと、妻に確認し、いびきしていないと言っていたことから判断しています。

CPAP装着時に無呼吸が無くなったかを病院で確認できる

月一回の呼吸データ確認の際にも、無呼吸状況を知ることができ医師からほぼ0になっていることを教えていただきました。

頭痛や眠気が改善される

今まで、朝起きると高確率で頭痛がしていたのですが、本当に0になりました。睡眠時無呼吸症候群が頭痛の原因だったと改めて分かりました。日中の眠気についても無くなりました。これにより、仕事の効率が格段に上がりました。

夜間のトイレが無くなる

今までは夜間に2,3回おしっこをしたくなって起きていたのですが、CPAPを始めてから、ほぼトイレに行きたくて起きることは無くなりました。睡眠が浅いと、こういうところにも影響がでるのだとあらためてわかりました。

CPAPを使っての悩みなど

マスクをつけての違和感

CPAPを始めてまず悩むのはマスクを着けて寝ることの違和感です。空気が送られてくる感覚に慣れなかったり、ゴムがかゆかったりしますが、2週間程度で私は慣れました。対策は特になく、しばらくすれば慣れるので我慢するしかないです。

寝返りを打てるか気になる

これも、最初は気になりますが、右向いて左向いてぐらいは、徐々にできてきます。CPAPのホースは割と長いので、そこまで心配することはないかなあと思います。

喉が渇く

喉が渇くというのは、しばらく悩みました。やはり、常に空気が送られてくるので乾燥するのかと思います。これを打開したのがCPAPを付ける前に龍角散ダイレクトを飲むということです。これにより、私は、喉が渇く悩みを解消できました。

お腹が張る

朝起きた時にお腹が張っていることもたまにあります。恐らく空気を飲み込むからと思っています。同じ症状の人は結構いるようです。これも仕方のないことですので、トイレで空気を抜いていただくしかないかなあと思っております。

CPAPの検査結果の記録(毎月更新)

定期検査1回目

定期検査2回目

タイトルとURLをコピーしました